読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏合宿初日

7月24日の夜10時に僕らを乗せた東京駅発のサンライズ瀬戸・出雲は、深夜に、先行する東海道本線上の貨物列車が小動物と接触した影響で、約35分遅れで高松に到着。25日朝8:04分。

 
高松駅に降りると、潮の香りとクマゼミの合唱が僕らを迎える。そして朝食に、定番の讃岐うどんをいただき、うどん県香川にご挨拶。
 
9:30高松港発のフェリーで小豆島草壁港へ。そしてオリーブバスで寒霞渓へ。途中、何人もの外国人に出会い英語で話す。瀬戸内国際芸術祭が行われているためか、今年はひときわ、外国人観光客をよく見かけた。
 
小豆島はあいにくの小雨混じりの曇天であり、ロープウェイからの寒霞渓の眺めは本来のものとは言えなかったが、とても涼しく、渓谷の夏の緑は美しい。f:id:okstudiotoday:20160726022912j:plain


午後1時に寒霞渓を下りて、草壁港に戻り、そこからオリーブバスで、オリーブ公園口へ。オリーブビーチで3時過ぎまで泳ぎ、宿泊先の「プチホテルサザンモースト」さんへ。ビーチからホテルまで坂道を10分位登ったが、キャリーバッグとバックパック付きの身にはなかなかの運動となった。チェックインしてひと休みしたら、「サン・オリーブ温泉」へ。瀬戸内海を眺めながらの露天風呂を始め、ハーブ湯、エステ湯など多様な湯船が楽しめ、素晴らしく良い気分となった。f:id:okstudiotoday:20160802024752j:plain
オリーブ公園内ギリシャ風車
 
 
「サザンモースト」では瀬戸内海を眺めながらBBQで夕食。たいへん美味しかったが、大量のお肉や海鮮を食べきれなかった・・・、大満足、満腹です!


f:id:okstudiotoday:20160726021817j:image

ホテルの部屋からの眺め(オリーブの樹木群の向こうに瀬戸内海)
 
 
 夜8:30に生徒たちと共に就寝。
で、深夜1:30に目覚めた僕はこれを書いた。
 
 
 
井藤 好